精密金型の品質保証
精密金型と射出成形の不二精機 HOME > 精密金型の品質保証

検査体制

サブミクロン単位で測定管理

精密成形品を製品を成形する金型の型部品は、特に超精密に製作する必要があり、サブミクロン単位で測定管理しています。

検査体制としては、まず加工者による自主測定を実施し、部品完成後、専門の検査員により、3次元測定機、真円度測定機等の高精度検査設備を使用し、2重の検査を実施しています。

測定した部品データは最低5年間保存され、修理が必要となった場合でも金型毎の返却でなく部品交換だけで対応できます。

試作成形

試作成形

完成した金型は社内で試作確認を行い、最適な成形条件の提案をいたします。

お客様のご要望により成形品、測定データ、成形条件表までお届けしております。

試作成形機一覧

SUMITOMO 75t 2台
SUMITOMO 100t 2台
SUMITOMO 180t 1台
JSW 280t 3台
JSW 450t 1台

測定設備

3次元測定器

3次元測定機

倣い測定器

3次元倣い測定機

微細溝検査機

微細溝検査機

真円度測定器

真円度測定機

非接触3次元測定器

非接触3次元測定機

クイックビジョン

非接触3次元測定機

ISO 9001/14001

ISO9001

ISO 9001/14001、国内はもとより、海外グループ全社にて取得しております。

不二精機の金型をもっと知る

ページトップへ
ページトップへ