射出成形品の材質・形状について
精密金型と射出成形の不二精機 HOME > 射出成形品の材質・形状について

製造可能な成形品の材質について

汎用樹脂 PS、PP、PE、ABS、PVC、PMMA 等
エンプラ POM、PC、PBT、PA(ガラス入りも含む) 等
スーパーエンプラ PPS、PEEK、LCP(ガラス入りも含む) 等
特殊樹脂 液状シリコン・環状オレフィン(COC)・シクロオレフィンポリマー(COP)等

あらゆる形状の射出成形品を実現いたします

あらゆる形状の射出成形を実現する設備

流動解析を行うことのメリット

流動解析

金型の設計時に流動解析を行うことで、製造時における問題点を予測し、事前に洗い出すことが可能です。そのため、高い水準の成形品設計が可能となります。

部品開発からの提案、成形品としての部品精度、機能についてお客様開発担当者とディスカッションを重ねる事で、安定供給出来る精密部品をお届けし、技術的信頼を頂いております。

担当者よりコメント

技術開発

三谷:長年の金型製作実績により、成形材料による金型ダメージや成形品の問題発生を予知し、金型で対策を施しています。

門:グループ内(日本、タイ、中国)で多分野・多品種の商品の生産実績があり、幅広い材質・形状の成形品を生産可能です。

不二精機の射出成形をもっと知る

ページトップへ
ページトップへ